近年サイバー攻撃は多様化し、また巧妙化してきています。それら全ての攻撃を防ぐことが難しくなっている今、侵入後のことも考えた多層的な防御対策が必要です。今回のセミナーでは、外部からの脅威をクラウドゲートウェイで未然に防ぐ効果的な方法や、どのように会社の重要資産を守っていくのかなど、多角的な視点でセキュリティ強化の対策について解説します。

セミナー・イベント名進化する標的型攻撃から多層で守る企業のセキュリティ
開催日2018年10月05日(金) 14:30〜17:30
開催場所TKP博多駅前シティセンター(カンファレンス1)
参加費無料
定員(人数)30名
主催株式会社インターネットイニシアティブ

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?