巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。

本セミナーでは、標的型攻撃の最新動向と課題を明らかにした上で、多層防御の具体的方法をご紹介します。
現状の対策との比較や見直し、次の対策計画に役立つ、4つのことがわかります。

セミナー・イベント名標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー
開催日2018年12月04日(火) 15:00〜17:00
開催場所アシスト市ヶ谷本社セミナールーム
住所東京都千代田区九段北4-2-1
参加費無料
定員(人数)20名
主催株式会社アシスト

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?