サイバー攻撃に対して、セキュリティ対策を組織化し、仕組みとして回すSOCの重要性、その基盤としてのSIEM活用の有効性は、すでにここ数年来語られてきたことです。実際、特にグローバルや大手企業様におけるSOC、SIEMの導入は一巡したと言えるでしょう。しかしながら、サイバー攻撃は高度化し、インシデントデータは膨大となり、一方では、各種レギュレーションやコンプライアンス対応が求められる中、導入済みのSOCやSIEMを見直しをする時期に来ているのではないでしょうか。大量の検知ルールの同時実行、ハンティング、アナリティクス、インシデント対応を具体化させる高速検索とそのビジュアル化、オープンソースやパブリッククラウド連携といったテクノロジを活用する好機でもあります。また、業界を問わずデジタルビジネス化が進む中では、新規にSOCやSIEM導入を検討される企業様も増加しています。

本セミナーでは、マイクロフォーカスが、SIEMとして20年以上の実績をもつArcSightの最新バージョンをご紹介します。多くの利用者からの実際のSOC運用時のフィードバックを受けて強化された高度な分析をはじめとする各種機能をデモンストレーションを交えてご覧いただきます。

さらに、国内外で10年以上のSIEMを活用したSOC運用の実績を持つNRIセキュアが、その導入から運用における勘所について実例を交えてご紹介します。企業がSIEMの導入やSOCの運用にあたり直面する様々な課題に対する実践的なアプローチ方法をできる限り詳しく例示します。

このセミナーが、皆様のSIEMの導入計画やSOCの運用改善の一助となれば幸いです。

セミナー・イベント名実践セキュリティ運用セミナー ~貴社のSOCでSIEMは活用できていますか? SIEMの最新形とその導入・運用の勘所~
開催日2018年09月14日(金) 15:00〜17:00
開催場所マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社
住所東京都港区赤坂9-7-1東京ミッドタウン・タワー19階
参加費無料
定員(人数)30名
主催マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?