昨今、クラウドの普及が加速しており、総務省によれば企業の46.9%※がクラウドサービスを利用しています。実際に、働き方改革におけるテレワークや在宅勤務、業務効率化に向けてクラウドサービスの活用を検討している企業も多いのではないでしょうか。

クラウドサービス活用において欠かせないのがセキュリティ対策です。
クラウドのセキュリティ運用においては、クラウドサービスのみならず、既に社内で利用しているオンプレミスのセキュリティ製品も視野に入れたデータの管理と保護、さらにはインシデント時の対応が求められます。

本セミナーではオンプレミス環境とクラウドサービス利用の2つの観点で組織として押さえておくべきセキュリティ対策のポイントを整理しつつ、セキュアにクラウドを利用するためのソリューションとして注目されているCASBの中でも、既存製品に左右されないMcAfee Skyhighのソリューションをご紹介いたします。

セミナー・イベント名企業の約半数は既にクラウドシフト!? CASBで備えるクラウドリスク対策
開催日2018年08月07日(火) 14:30〜17:00
開催場所マカフィー株式会社西日本支店
住所大阪府大阪市北区堂島2-2-2近鉄堂島ビル18F
参加費無料
定員(人数)15名
主催マカフィー株式会社

終了しました


【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。