昨今、データを暗号化して身代金を要求するランサムウェア「Wannacry」など、世界に影響を与えるサイバー攻撃が日々増加してきております。こうしたサイバー攻撃が事業に与えるインパクトは大きく、攻撃の手口は日々巧妙化し従来型の対策で防ぎきることは困難です。

本セミナーでは、こうした状況において、サイバー攻撃が内部システムに侵入してくることを前提とした、エンドポイントに対するセキュリティ対策を紹介します。

また、あわせてセキュリティ運用を代行するサービスを紹介し、よりお客さまに負荷がかからず高いセキュリティを維持できるソリューションを提案します。

セミナー・イベント名侵入を前提としたエンドポイントセキュリティ対策セミナー 巧妙化するサイバー攻撃に向けて
開催日2018年06月29日(金) 15:00〜19:00
開催場所株式会社日立システムズ ソリューションスクエア東京
住所東京都品川区大崎1-2-1
参加費無料
定員(人数)40名
主催株式会社日立システムズ

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?