IPAが選出する「情報セキュリティ10大脅威2018」にも依然ランクインし、Webセキュリティを脅かし続ける「ウェブサービスへの不正ログイン」「ウェブサービスからの個人情報の窃取」などを企てる攻撃者は、攻撃の変化と深化とともに、様々な手段で侵入を試みます。クラウドファーストと叫ばれて以来、もはや市民権を得たクラウド利用下でも万全なWebセキュリティが求められ、対策は必須のものとなります。

本セミナーでは、この数年で大きく変わったWebに関する技術動向をはじめ、攻撃者の新たな攻撃手法に関する情報提供からサービス型のソリューションとマネージドサービス(運用)までをご紹介します。

もはや従来通りの対策ではWebセキュリティは万全ではなく、近年主流となったWebセキュリティ技術の最前線と実際の対策運用手法例についてご紹介します。

セミナー・イベント名~2018年Webセキュリティ最前線セミナー~ 今や従来通りの対策ではWebセキュリティが万全ではないこれだけの理由
開催日2018年07月04日(水) 14:30〜17:00
開催場所御茶ノ水ソラシティ Room B
住所東京都千代田区神田駿河台4-6
参加費無料
定員(人数)50名
主催グローバルセキュリティエキスパート株式会社

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?