昨今、訪日外国人観光客の爆発的な増加によるWi-Fi需要や東京オリンピックに向けてのWi-Fi整備の動き、また自治体における観光・防災Wi-Fiの整備などの動きを受け、無線LAN環境の整備需要、またそれに伴う無線トラフィックの増加はとどまることを知りません。そのような状況の中、無線LANにおけるセキュリティの脅威へ対策が増々重視されています。

さて、この度、ウォッチガードでは、クラウド管理型セキュア無線LANソリューション「WatchGuard Wi-Fi Cloud」およびWi-Fi Cloudにおいて利用可能な「自動無線デバイス分類・検知・防御ソリューション(WIPS)」についてデモを交えてご紹介するセミナーを開催いたします。

ウォッチガード米国本社から、無線LAN担当のプロダクト・マネジメント・ディレクターが訪日し、無線LANセキュリティを考慮する上での重要ポイントのご紹介や、無線LANセキュリティに関するデモ等を行います。この機会に、当社製品の最新情報を入手頂き、皆様の無線LANビジネスに是非ご活用頂ければと思います。

セミナー・イベント名無線 LAN セキュリティセミナー 「デモで解説。セキュアな無線 LAN の重要性とクラウド管理型 AP の大きなメリット」
開催日2018年05月30日(水) 13:00〜17:00
開催場所ベルサール六本木グランドコンファレンス
住所東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー9階
参加費無料
定員(人数)100名
主催ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社

終了しました


【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事