昨今、企業・団体が受けたメールを利用した攻撃被害がニュースを賑わらせておりますが、報道発表されるのは氷山の一角であり、実際は多くの企業・団体が攻撃被害を受けています。また、ビジネスメール詐欺(BEC)のように大手企業でさえも簡単に被害を受けてしまう事件も増えつつあります。こうした状況の中で情報システム部門は攻撃の性質を正しく理解し、適切な対策を講じることが重要です。

本セミナーでは近年、強固なセキュリティ対策を行っているはずの企業・団体が何故メール攻撃による被害を受けてしまったのか、実際の攻撃方法及び被害を例に解説いたします。また、これらの脆弱性に対してNEC製メールセキュリティ対策製品「Mission Critical Mail Filter」でどのような対策を実現できるかについてご説明致します。

セミナー・イベント名有名企業のメールセキュリティ事故事例詳細解説
開催日2018年03月02日(金) 14:00〜16:00
開催場所NEC本社ビル1階 プラットフォームイノベーションセンター デモルーム
住所東京都港区芝5-7-1
参加費無料
定員(人数)20名(WEB事前予約制)
主催NEC

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事