~明治大学教授、セキュリティ学会理事、ソリューションベンダーによる最新動向と対策~
高度標的型攻撃にランサムウェア、サイバー攻撃の猛威はとどまるところを知りません。この度、サイバーセキュリティの専門家、対策ソリューションベンダーが集い「サイバーセキュリティに対する最新動向」「セキュリティ人材育成における課題」「経営者を巻き込んだ組織的取り組み方法」そして「対策ソリューション」について一挙解説します。

開催概要

※プログラムの内容は、事前の予告なく変更する場合がございます。予め、ご了承頂けますと幸いです。

時間 タイトル  講演者
 12:40 開場
 13:00-13:10 ご挨拶
ベースラインAPT対策コンソーシアム
理事長
曽根 禎行
 13:10-13:55 【基調講演】
人材の観点からみるセキュリティ対策の洗い出し

明治大学理工学部情報科学科教授
レンジフォース株式会社 代表取締役
IPA情報処理技術者試験委員
IPA情報処理安全確保支援士試験委員
齋藤 孝道
 13:55-14:30 セキュリティガイドラインからひも解く、知っておくべきセキュリティ対策ポイント
 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社
システムエンジニア部プリセールスエンジニア
正岡 剛
 14:30-14:40 休憩  
 14:40-15:15  未知の脅威に対抗するウェブルートのMVPソリューションとは
 ウェブルート株式会社
製品・技術本部 ソリューションアーキテクト
濱田 亨
 15:15-15:50 そこにあるサイバー攻撃をひたすら実感する。「攻め」のデモと「守り」の演習
ニュートン・コンサルティング株式会社
CISO/プリンシパルコンサルタント
内海 良
 15:50-16:30 【逐次通訳講演】
~セキュリティとクラウドへのゾーホーの旅路~
Zoho's journey to security and cloud
 Zoho Corporation
セキュリティチーム
プログラムマネージャ
Deepa Kuppuswamy
 16:30-16:45 休憩
 16:45-17:15 厳格な管理が求められる「特権ID管理」を効率的/短期間に導入するには
 株式会社フェス
第2事業部ICTサービス第3グループ グループリーダ
鈴木 浩一
 17:15-18:00 【特別講演】
サイバーセキュリティ何をどう守る?経営者が納得しない理由とその対応策
 JSSM 日本セキュリティ・マネジメント学会 理事
萩原 栄幸
セミナー・イベント名「サイバーセキュリティ対策セミナー」~明治大学教授、セキュリティ学会理事、ソリューションベンダーによる最新動向と対策~
開催日2018年03月02日(金) 12:40〜18:00
開催場所フクラシア丸の内オアゾ Hall B
住所〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング 15階、16階
参加費無料
定員(人数) 100名
主催ベースラインAPT対策コンソーシアム(BAPT)

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?