あらゆる機器や物がインターネットとつながり、ビッグデータをAI解析し、利活用するデータ主導社会を実現するための要の一つがセキュリティ対策です。また、データのグローバル化に伴い外国の法律知識も欠かせなくなってきています。本セミナーはこれからのデータ主導社会におけるセキュリティ対策や外国の法律の理解を目的に開催します。

データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)は、2005年に「データベースセキュリティ」の普及促進を図る目的で設立された任意団体です。ラックは、設立当初より、DBセキュリティの普及促進のため、会員として活動に参加・協力しております。

本セミナーは、DBSC会員だけではなく、一般の方もご参加いただけます。業種や専門分野に関わらず、情報セキュリティに携わる皆様のご参加をお待ちしております。

なお、本イベントのご参加で、(ISC)2認定資格保持者様向けのCPEクレジット(4ポイント)が取得可能です。

セミナー・イベント名【東京】第13回DBSC早春セミナー ~ データ主導社会におけるデータベースセキュリティ ~
開催日2018年02月28日(水) 13:00〜17:30
開催場所東京電機大学 東京千住キャンパス1号館2F「1204,1205,1206セミナー室」
住所東京都足立区千住旭町5番
参加費無料(事前登録制)
定員(人数)250名
主催データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)

終了しました


【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。