第12回 JSSMセキュリティ公開討論会を、TKP東京駅日本橋カンファレンスセンターで開催いたします。

昨年を振り返ると、WannaCryによる社会基盤の混乱、暗号通信・WiFi・開発環境・CPUといったIT/セキュリティ基盤に関わる問題の顕在化、クラウド特有のセキュリティ事案の多発、日米の大規模な不正アクセス、EU一般データ保護規則(GDPR)、サイバーセキュリティ経営ガイドラインのアップデートなど、現在のセキュリティ・マネジメントが取り組むべき多くの課題が話題となりました。

本討論会では、金融ISAC 鎌田専務理事、WHITE MOTION 蔵本社長の基調公演を軸に、「企業経営に求められるセキュリティ・マネジメント」をテーマに、今、企業が取り組むべきセキュリティ・マネジメントについて議論いたします。

多くの方々のご参加をお待ちしております。

セミナー・イベント名第12回 JSSMセキュリティ公開討論会
開催日2018年03月17日(土) 10:00〜
開催場所TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター ホール4A
住所東京都中央区八重洲1-2-16 TGビル
参加費JSSM正会員(3,000円),学生会員(2,000円),後援団体(4,000円),非会員(5,000円) ※いずれも事前登録が必要です
定員(人数)130名
主催日本セキュリティ・マネジメント学会

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?