このたび「次世代型セキュリティ対策セミナー」を開催いたします。
昨今、ランサムウェアを始め、ますます被害拡大が予想されるサイバー攻撃。
さらにIoT化が進むことでセキュリティに対する脅威がより深刻化することが予測されます。

セキュリティに対するリスクは重要な経営課題のひとつになっており、
2020年に向けてこれまでにはない次世代のセキュリティ対策が急務となっております。
本セミナーでは、「経営を守る。情報を守る。エンドポイントを守る。」をテーマに、 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)様より、 中小企業の情報セキュリティ対策をはじめとする セキュリティガイドラインについての再認識に関してご講演いただきます。

併せて、その対策の詳細な手順を含めご紹介いたします。
また、サイバー攻撃への取り組みとして、日本では先駆けとなる、
次世代セキュリティ技術を駆使したエンドポイントセキュリティならびに
資産管理のソリューションをご紹介いたします。

セミナー・イベント名2020年に向けた【セキュリティ脅威】の対策と再認識セミナー【東京】
開催日2018年02月13日(火) 14:00〜
開催場所JPタワー 4F ホール&カンファレンス
住所東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー・KITTE4階
参加費無料
定員(人数)300名
主催株式会社AppGuard Marketing

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?