@IT読者調査では、51%が「標的型攻撃や不正アクセス等を受けたことがある」と回答。
CSIRT構築済・構築中・検討中の企業は7割を超え、インシデント対応強化の必要性を感じている企業を含めると約9割に上ります。

本ロードショーでは、攻撃者、CSIRT、リーサーチャー、フォレンジッカーなど多くの視点から脅威の実態を明らかにするとともに、現時点で有効な対策は何か、どうすれば懸念や課題を解決できるのか、現実と向き合い、じっくりと考える一日を提供いたします。

セミナー・イベント名【東京】@ITセキュリティセミナーROADSHOW
開催日2018年02月07日(水) 10:00〜18:30
開催場所東京コンファレンスセンター品川
住所東京都港区港南 1-9-36
参加費無料
定員(人数)500名
主催@IT

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?