個人用のPCやスマートフォンが普及し、消費者向けのインターネットサービスは、ネットバンキング、Webショッピングにとどまらず、様々なチャネル連携や他社とのAPI連携をベースとした新しいサービスの創出等、先進のデジタル技術による新たな“顧客体験”が日々進歩しています。

本格的なデジタルビジネス時代へ向けて今注目されている、いわゆる「カスタマージャーニー」や、フロントチャネルにおける新たなマーケティング戦略等が求められる中、顧客(顧客ID)を軸としたID情報の統合や認証連携は、今や必須要件の1つとなっています。

しかし、そのID統合や認証連携の根幹となる、顧客IDの「認証」「認可(アクセス管理・制御)」「ID管理」の仕組みは適正化されておらず、サービス個別に構築した認証・認可機能が複雑化し、手間やコストがかかりすぎていたりするケースも多く見受けられます。また、誤ったプロトコルの適用によるセキュリティ上のリスク等も大きな課題になっています。

本セミナーでは、これまで10年にわたりID情報を安全に連携するための国際仕様の標準化活動や、多くのお客様のID連携を推進してきた経験やノウハウを踏まえ、コンシューマサービスにおいて、顧客ID情報を安全に統合・連携するためにはどうするべきか、将来を見据えたID管理・認証基盤の仕組みはどうあるべきか、不正アクセスや不正利用を防止するにはどのような対策が必要かについて、ユースケースを交えてご紹介します。

セミナー・イベント名デジタルビジネス時代の顧客ID管理・認証基盤のあり方
開催日2017年12月20日(水) 15:00〜17:00
開催場所NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 本社
住所東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル
参加費無料
定員(人数)10名
主催NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

終了しました


【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。