開催概要

ランサムウェア、ランサムワーム、標的型攻撃など企業にとってセキュリティリスクは益々拡大する一方だが、中堅・中小企業ではリスクの増大に伴う対策の強化が十分に追いついていないのが現状である。一方では、それらのサイバー攻撃に対抗する為の数多くの新たなセキュリティ技術も進化しています。
さらに、IT環境の変化に伴い、セキュリティ対策はネットワークからエンドポイント、更に無線LAN、リモート環境などボーダレス化しセキュリティの管理範囲も大幅に拡大しつつあります。本セミナーでは、セキュリティ課題や自社に最適なセキュリティ対策の選定のポイントを解説します。
セミナーお申込み、ご来場のお客様に、セミナー終了後のプレゼント抽選会で豪華景品が当たります。

特別講演

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター
経営企画室 兼 エンタープライズサポートグループ 部門長 兼 早期警戒グループ担当部門長
村上 晃 氏

サイバー攻撃の最新動向とその対応   ~企業に求められるセキュリティ対策と事故対応への備え~ 

講演概要

ターゲットを狙い撃ちにした標的型攻撃やランサムウエアといった身代金要求型の攻撃など、さまざまな脅威が企業の事業継続に関わる重要な課題となっています。
こうした課題を解決するには、一部署だけではなく、他部署や同業種、異業種も含めた他の企業と組織間連携を行うことが重要です。
本セミナーでは最新のサイバー攻撃動向をご説明するとともに、インシデントへの対応に必要な体制整備、事故対応も含めた対応策について解説します。

セミナー・イベント名[福岡] 最新のサイバーセキュリティ事例から見えてきた。いま最も効果的なサイバー攻撃対策とは
開催日2017年11月16日(木) 14:00〜17:00
開催場所天神クリスタルビル貸会議室 Bホール
住所福岡県福岡市中央区天神4-6-7 天神クリスタルビル3F
参加費無料
定員(人数)50名(先着順、満席になり次第終了)
主催ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(株)

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?