【品川開催】セキュリティガバナンスの見直しと特権ID管理



IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が年々厳しさを増しています。また、昨今、急増している標的型サイバー攻撃や内部関係者による情報漏洩事件を受けて、企業や組織の情報資産を取り巻く脅威は増加傾向にあり、セキュリティ対策としても特権ID管理が非常に重要視されています。
また、クラウドの活用、グローバル化、働き方の多様化など、企業のIT環境は急激に変化しており、セキュリティの境界や領域も広がってきています。

本セミナーでは、企業のIT環境の変化に対応するためのセキュリティガバナンスの見直しと、特権ID管理についてわかりやすく解説します。3年連続シェアNo.1を獲得しているiDoperationのさらに進化した最新バージョンVer.2もご覧いただけます。ぜひ、みなさまのご参加をお待ちしております。

セミナー・イベント名【品川開催】セキュリティガバナンスの見直しと特権ID管理
開催日2017年11月16日(木) 14:00〜16:00
開催場所NTTテクノクロス本社 セミナールーム
住所東京都港区港南2-16-4
参加費無料/事前登録制
定員(人数)90名
主催NTTテクノクロス株式会社

セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ