ますます高度化・巧妙化する標的型攻撃やランサムウェアへの対策に注目が集まっていますが、効果的な対策として示される“多層防御”にも複数社の製品を二重三重に導入することで費用がかさんだリ、一元管理が困難で導入後の運用コストが膨張したり、複雑化によりいざという時に効果を発揮しなかったりと数々の課題はあります。

本セミナーでは基調講演を“セキュリティのプロ集団”として多くの実績を誇るグローバルセキュリティエキスパート社(GSX社)に登壇いただき、最近のサイバー攻撃の傾向や対策のポイントを解説、つづいて各社の講演では事前に大事故になることを防ぐ“はじめの一歩”として“疑似メール訓練”“教育”の重要性、メールに特化した無害化ソリューションそしてAI機能を搭載し“エンドポイントとネットワークがシンクロする多層防御”によりお客様の負担を軽減しつつ攻撃を無効化する、シンプルかつセキュアなソリューションをそれぞれご紹介いたします。

セミナー・イベント名高度化するサイバー攻撃への秘策は“無害化と"“AI"で決まり!
開催日2017年10月18日(水) 14:00〜
開催場所ベルサール神田
住所東京都東京都千代田区神田美土代町7住友不動産神田ビル3F
参加費無料
定員(人数)100人
主催ヴイ・インターネットオペレーションズ株式会社

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?