個人情報保護、プライバシー保護分野におけるプロフェッショナル人材の育成・資格認定事業や、国内唯一のTRUSTeマーク認証付与機関として活動を行ってきたJPACでは、新たにサイバーセキュリティに対するプロフェッショナル人材の育成プログラムとして、「サイバーセキュリティ管理者(CSM)資格講座」を開始します。

豊富な知識とノウハウをもった講師が短期間で広範な内容をレクチャーし、すぐに実務家として幅広いフィールドで活躍出来る人材を育成するハイクラスな講座です。

自社内でのサイバーセキュリティ人材の育成、情報セキュリティ分野でのキャリアアップ等を目指す方にとって相応しい人材育成プログラムです。是非ともご参加をご検討ください。

開催日程について

  • 講義講座:2017年10月17日(火)、18日(水)
  • 実習講座:2017年10月26日(木)、27日(金)

全日程9:00~18:00まで(開始15分前より入場できます)
第1回開催(2017年10月期開催)についてはeラーニングによる講義受講はできません。

セミナー・イベント名【第1回】サイバーセキュリティ管理者(CSM)資格講座
開催日2017年10月27日(金) 09:00〜
開催場所JPACセミナールーム
住所東京都千代田区永田町2-4-11フレンドビル4F
参加費受講料(初回資格登録料含む):300,000円(税抜き)/資格更新料(2年毎):25,000円(税抜き)
主催日本プライバシー認証機構(JPAC)

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事