ダークウェブの具体的な脅威、そして先進企業が導入するインテリジェンスサイクル

クリックで当社イベントページを開きます

ダークウェブを行き交う違法コンテンツ。中には特定の企業をターゲットとした攻撃ツールが販売されることもあり、企業のセキュリティを考えるうえで無視できなくなりつつあります。特に今後は2020年の東京オリンピック開催に向けて世界中から注目されるため、国内企業はサイバー攻撃などの格好の標的となることが懸念されます。

一方で、そのダークウェブから集めた情報をセキュリティ対策に生かすスレットインテリジェンスサイクルの導入も先進企業を中心に進みつつあり、関心が高まっています。

そこでこの度テリロジーでは、このダークウェブの脅威とインテリジェンスサイクルにスポットを当て、悪意ある攻撃を未然に防ぐための知識を数々の事例を交えてご紹介するセミナーを開催いたします。

今回の講演では、過去開催されたオリンピックの裏で行われたセキュリティ対策をはじめ、様々な事例を参考に攻撃を未然に防ぐための最新のセキュリティ対策を知っていただければ幸いです。

セミナー・イベント名ダークウェブの具体的な脅威、そして先進企業が導入するインテリジェンスサイクル 攻撃者の行動をモニタリングし、攻撃を未然に防ぐためのインテリジェンスとは?
開催日2017年09月21日(木) 13:30〜
開催場所ベルサール八重洲 Room 5 
住所東京都中央区八重洲1-3-7八重洲ファーストフィナンシャルビル2・3F
参加費無料
定員(人数)50
主催株式会社テリロジー

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事