今年5月に世界規模で大流行したランサムウェア "WannaCry" に続き、6月には、OS領域を攻撃するランサムウェア "Petya / GoldenEye" が流行しました。企業活動を脅かす手口は常に変化し、対処すべき脅威は増加する一方です。企業活動を止めないために不可欠なデータを守るためには"なに"をすればよいか。

本セミナーでは、基調講演としてアイ・ティ・アール大杉 豊 様より「攻撃者の動向を理解せよ」と題し、企業がとるべきセキュリティ対策と、CSIRTの活動を通じたインシデントへの対応、経営層との情報共有を行う活動ポイントなどをご講演いただきます。また、入り口で感染を防ぐ方法や、実際のランサムウェアの挙動と対策、ランサムウェアに感染した場合の対策をご紹介いたします。

セミナー・イベント名企業活動を止めないためのランサムウェア対策とは
開催日2017年09月06日(水) 13:20〜
開催場所ビジョンセンター永田町 会議室802
住所東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル
参加費無料
定員(人数)50名
主催富士通エンジニアリングテクノロジーズ

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事