企業のネットワーク担当者に必須!
『ネットワーク・セキュリティの知見を広げる
セキュリティ・トレーニング無料体験セミナー』
~世界145ヶ国約20万人が資格を保有するEC-Council社 認定トレーニング~

2020年の東京オリンピック、パラリンピック開催に向け、政府機関ではセキュリティ人材の育成が課題となっています。民間企業においてもセキュリティエンジニアのニーズは高まっており、人材の育成・確保が急務となっています。

世界的に著名な EC-Council※セキュリティコースは、現在までに多くの資格取得者を輩出しています。なかでもネットワーク・ディフェンダー(CND)コースは、ホワイトハッカー(CEH)の資格取得者や米国の国防総省等々からのフィードバックに基づいてリメイクされたコースで、実践的かつ体系的に防御手法を学んで頂けるトレーニングです。

無料体験セミナーは、このCNDのエッセンスの一部を実際にご体験いただける内容となっています。是非お気軽にご参加いただき、CNDご受講の検討材料としていただければ幸いです。

【これらを考えている方に役立ちます】
・潜在的なリスクを洗い出し、適正な防御策を策定したい
・インシデント発生をいち早く検出するスキルの向上
・セキュリティを考慮したネットワーク提案をしたい
・攻撃を受けてしまった際の現場対応のためのスキルを得たい
・自社のネットワークエンジニアにセキュリティ知識を身に付けさせたい

セミナー・イベント名セキュリティの知見を高め、攻撃に備えるトレーニング無料体験セミナー
開催日2017年08月31日(木) 15:00〜
開催場所株式会社IPイノベーションズ 神田教室
住所東京都千代田区神田錦町1-7-3 錦町一丁目ビル3階
参加費無料
定員(人数)なし
主催株式会社IPイノベーションズ

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?