本演習は、時々刻々と変化していくサイバーインシデント発生時の状況を演習シナリオとして再現・提示します。参加者には、情報管理、 判断・意思決定といった危機対応に不可欠な要素を経験していただき、 課題や必要な取組みについて「自ら気付いていただく」ことを目的と しています。

セミナー・イベント名サイバーインシデント対応模擬演習
開催日2017年08月29日(火) 13:00〜
開催場所富士通総研本社
住所東京都港区海岸1-16-1
参加費50,000円
定員(人数)20人
主催株式会社富士通総研BCM訓練センター

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?