昨今、標的型攻撃、不正行為や操作ミスといった意図しない情報漏えいなど、複雑化・高度化するセキュリティ脅威への対策は急務です。

本セミナーでは、セキュリティ業界で見識がある当社顧問の徳丸が「情報セキュリティ10大脅威 2017」(IPA発表)について脅威の実情と対策を解説していきます。

また、Darktrace社のセキュリティ免疫システム「Enterprise Immune System」ではどのように未知の脅威を検知するのか、また内部ネットワークの脅威をAIが自動遮断する世界初の技術「Darktrace Antigena」をご紹介します。あわせて、世界各国で猛威を振るっているランサムウェア(WannaCry)についても、いかに検知し遮断できるのかご紹介します。

プログラムの最後に当社セキュリティ監視・運用センター「SecureOWL Center」について、「Enterprise Immune System」の監視・運用の事例を交えながらご紹介します。

ぜひとも、お気軽にご参加ください。

【関連テーマ】
セキュリティ、Darktrace、AI、アノマリ監視、未知の脅威、ランサムウェア

【対象者】

  • 標的型攻撃から情報資産を守りたい方(情報システム・IT部門ご担当者)
  • 既存のセキュリティ対策に不安を抱えている方
  • 自社SOC/CSIRT で未知の脅威対策を検討されている方
セミナー・イベント名<東京開催> セキュリティ戦略が変わる! アノマリ監視で内部不正も見える化・遮断する次世代セキュリティ対策セミナー
開催日2017年06月08日(木) 14:30〜
開催場所京セラコミュニケーションシステム株式会社 三田事業所
住所東京都港区三田3-11-34 センチュリー三田ビル
参加費無料
定員(人数)30人
主催京セラコミュニケーションシステム株式会社

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?