複雑化するサイバー攻撃に、AI・機械学習でどう立ち向かうか

ランサムウェアなど企業を狙ったサイバー攻撃が猛威を振るっています。複雑化し・高度化するサイバー攻撃に対して、機械学習/自然言語処理/ディープラーニングなどのAI技術を駆使して対策を行う動きが本格化しています。未知のマルウェアを検知するために、機械学習を使ってマルウェアの行動パターンを分析したり、またDarkWebなどでやり取りされる情報を自然言語処理で分析し、攻撃手法を事前に把握するといった手法も取り入れられています。本企画では、機械学習/自然言語処理/ディープラーニングなどのAI技術を取り入れた、セキュリティ対策の最新事例をご紹介するとともに、どういった分野に活用できるのか?現時点で活用できるソリューションを紹介します。

セミナー・イベント名AIセキュリティ最前線2017
開催日2017年06月23日(金) 13:00〜
開催場所ベルサール東京日本橋 5F Room4+5
住所東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー5F
参加費無料
定員(人数)120名
主催SBクリエイティブ株式会社

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?