身代金を要求するランサムウェアや、個人情報を窃取するマルウェアによる被害が後を絶ちません。サイバー攻撃への不適切な対応は、本来被害者であるはずの企業が、取引先や株主から加害者として訴えられるリスクを生み出す可能性もあります。
本セミナーでは、次世代ファイアウォールのリーダーとしてITセキュリティ業界をけん引する、Palo Alto Networks製品を活用した標的型攻撃対策手法をご紹介します。同社が提唱する次世代セキュリティプラットフォームによる事前・事後の多層防御と、近年注目を集めているエンドポイントセキュリティの正しい選択方法について解説します。

セミナー・イベント名【大阪開催】加害者扱いで訴訟リスクも。猛威を振るう標的型攻撃から組織を守る対策とは?
開催日2017年02月10日(金) 15:00〜
開催場所テクマトリックス株式会社 西日本支店 セミナールーム
住所大阪市北区中之島2-2-7 中之島セントラルタワー 23階
参加費無料 / 事前登録制
定員(人数)40名
主催テクマトリックス株式会社

終了しました


【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。