世界中でサイバー攻撃による被害が深刻化する中、日本においても昨年末に経済産業省が発行した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」。殆どの日本企業はガイドラインの対象となると言われております。本セミナーでは、経営者が戦略として考慮すべきポイントを解説いたします。

プログラム

第一部 【基調講演】サイバーセキュリティ経営ガイドラインの解説

マイナンバー制度が混乱しつつも始まった2015年末、小規模事業者を除く全ての企業が守るべきものとして一つのガイドラインが発表されました。それが「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」。企業は何を意識し、どんな対策を講じなければならないのか。また、その背景は何かを具体的にわかりやすく解説致します。

<基調講演講師>
株式会社ISO審査登録機能統括マネージャー/星野 靖裕氏

第二部 企業のサイバーセキュリティを強力にサポートする 「OPTi Secure」

サイバー攻撃の脅威は日々進化し、高度になっております。みなさまの会社ではどのような脅威に対してどのような対策を講じられておりますでしょうか?本セッションではサイバー攻撃の対応に関心がある方に有効なソリューション「OPTi Secure」をご紹介致します。

セミナー・イベント名【大阪】サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説セミナー
開催日2016年11月25日(金) 09:30〜
開催場所JBサービス株式会社 新大阪事業所
住所〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー13F
定員(人数)25名
主催JBサービス株式会社

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事