【富士通(FUJITSU)】PCの電源が入らない|原因や対処法を解説|サイバーセキュリティ.com

【富士通(FUJITSU)】PCの電源が入らない|原因や対処法を解説



  • 「富士通(FUJITSU)のパソコンが故障した!」
  • 「警告音が鳴る」
  • 「黒い画面が表示された」
  • 「パソコンに保存されているデータをどうにか救出したい…」

このような状況でパソコンをやみくもに操作してしまうと、データを失ってしまう危険があります。

この記事では、富士通(FUJITSU)製PCの電源が入らない原因や症状ごとの対処法を紹介し、データを正確に救出する方法についても解説します。

富士通(FUJITSU)製PCの電源が入らない原因

富士通(FUJITSU)製PCの電源が入らない際、主に以下の3つの原因が考えられます。

  • 内蔵HDDの障害
  • PCの電源周りのトラブル
  • PCの液晶パネルの故障

内蔵HDDの障害

内蔵HDDには、パソコンの起動にかかわるシステムが搭載されており、ここに障害が発生すると、正常に電源が入らなくなることがあります。

内蔵HDDの障害には、物理障害論理障害の2つが存在します。

物理障害は「経年劣化」「水没」「衝撃」など、HDDの物理的な破損が原因となる障害です。主な症状として、「カタカタ」「カチカチ」など異音が発生したり、異臭が発生することがあります。

論理障害は、HDD自体には問題がないものの、誤操作によるデータ消去や、読み書き中の強制シャットダウンなどで、システム的な破損が原因となる障害です。主な症状として、ブルースクリーンやデータ・フォルダ構成などに不具合が生じることがあります。

※物理障害だと、HDDの開封作業が必要になるため、個人で対応可能なレベルを超えています。修復作業を行うには、業者への依頼が必要になるため、個人での対応は注意が必要です。

電源周りのトラブル

どの電源ボタンを押しても一切起動せず、反応しない場合は、電源周りに原因が存在する可能性があります。

たとえば次の可能性が考えられます。

  • 電源ケーブルの断線・劣化
  • 電源ユニットや充電池の故障
  • 差込口・接続ポートの汚損

液晶パネルの故障

デスクトップPCで、エラーメッセージすら表示されない、もしくはPC本体から起動音がして、電源ランプはついているものの、画面が真っ暗な場合は、液晶パネルやモニターが故障しており、電源を付けても起動しないか、反応していない可能性があります。

富士通(FUJITSU)製PCの電源が入らない時の症状

富士通(FUJITSU)製PCの電源が入らない時の、主な症状は次のとおりです。

  • 黒い画面のまま起動しない
  • エラーメッセージが表示されている
  • ビープ音が鳴っている
  • Windowsロゴで止まってしまう
  • LEDランプが点滅して起動しない

黒い画面のまま起動しない

PCの画面が黒いまま起動せず、またランプもついていない場合には、正しく電源が供給されていない可能性が考えられます。

他にも、ランプはついたり、ファンは回転している場合には、「液晶パネルの故障」や「BIOSのエラー」の可能性が考えられます。

エラーメッセージが表示されている

電源は入るものの、Windowsに到達できず、黒い画面や青い画面にエラーメッセージが表示される場合、「BIOSのエラー」「内蔵HDDの物理障害・論理障害」の可能性が考えられます。

ただし、エラーメッセージによって原因や対処方法が異なるほか、HDDの物理障害・論理障害を問わず、発生することもあるため、安易に自己判断して対応するのは控えましょう。この際、データ復旧専門業者の無料診断で、障害を正確に診断することをおすすめします。

ビープ音が鳴っている

富士通(FUJITSU)製のPCでは、メモリやマザーボードなど、起動に関するハードウェアに何らかの異常が発生した場合、ビープ音が鳴ることがあります。ビープ音は症状・故障部位にあわせて変化するため、それぞれのパターンをメモに取って、取扱説明書で原因を特定するようにしましょう。

Windowsロゴで止まってしまう

Windowsロゴで止まる、または自動修復画面が表示される場合、システムファイルやドライバが破損している可能性が高いです。

特に、急な強制終了など、OSに負荷をかける行為を行うと、論理障害の引き金になる恐れがあります。

LEDランプが点滅して起動しない

LEDランプが点滅して起動しない場合、「メモリに異常が起きている」もしくは「バッテリーが正常に充電されていない」可能性が考えられます。

バッテリーやメモリーは消耗品しやすい部品ですが、データ保存領域のHDDと違って、修理・交換で問題なく対応できる場合があります。

起動しないPCで対処する際の注意点

PCの再起動が終わらない場合、自己対処を行うことで解決できることがありますが、故障原因・故障部位によっては、状態が悪化することもあります。

次の注意点を確認した上で、対処法を行いましょう。

  • 電源のON/OFF、再起動、強制終了を繰り返さない
  • OSの再インストールをしない
  • PCを分解しない

特に、データ復旧を希望の場合には、自力での操作はなるべく控え、専門業者への相談をおすすめします。

富士通(FUJITSU)製PCの電源が入らない場合の対処法

富士通(FUJITSU)製PCの電源が入らない場合の対処法を紹介します。

  • 電源周りを確認する
  • ほこりを取り除く
  • 別のディスプレイ・モニターに繋いでみる

電源周りを確認する

電源ボタンを押しても、全く電源が入らない場合には、先ほども言ったように電源周りに原因がある可能性が高いです。以下の項目を確認しましょう。

  • たこ足配線など電力不足で充分に充電ができていない
  • きちんとコンセントに刺さっていない
  • ケーブルが断線・折れている

上記項目を確認しても、PCを正常に起動できない場合には、内蔵HDDで「物理障害」が発生していることが想定されます。物理障害の場合は個人での修理・修復作業はきわめて難しく、最悪の場合、データが消えてしまう可能性もあります。

ほこりを取り除く

機器内部にほこりが溜まってしまうと、ファンが正常に回転できず、パフォーマンスの低下に繋がってしまいます。また、それに伴って、熱が溜まったり、帯電してしまうと、CPUが熱暴走を起こすなどして、不安定な動作になりやすいです。

デスクトップPCの場合は、定期的にカバーを取り外し、エアーダスターで内部のホコリを取り除いて、ファンの通気性をよくしましょう。

別のディスプレイ・モニターに繋いでみる

モニターが故障していたり、モニターに電源が入っていなかったりすると、画面には何も表示されません。

モニターの故障を確かめる方法として、PCをHDMIケーブルを使って外部モニターに接続してみる手があります。別モニターで表示される場合、PCそのものではなく、モニターが故障している可能性が高いです。ノートPCの場合は液晶の交換、デスクトップPCの場合は、モニターの交換を行いましょう。

これ以外に、メモリやマザーボードが不具合を起こすと、正常に起動しなくなることがあります。ただ、いずれもOSやHDDに障害が発生しているわけではなく、ハードウェアを交換することで容易に修復できます。しかし、修理の過程でデータを失うリスクがあるため、データの要不要に応じ、適切な業者に相談しましょう。

OSが正常に起動しない場合の対処法

エラーメッセージの意味を確認する

電源がつくものの、黒い画面や青い画面にエラーメッセージが表示される場合は、 OSが正常に起動しない状態です。表示されているメッセージによって原因は様々なため、それぞれのメッセージに沿って対処する必要があります。下記はよくある表示内容です。一致するものがあれば、それぞれ確認してみてください。

ビープ音で原因を特定する

ビープ音は、PC内部のハードウェア部品が故障・不具合を起こしているとき、その故障原因や部位を教えてくれる機能があります。下記は富士通製(FUJITSU)製のPCのビープ音の特徴を解説します。製品により、少しパターンがあるため、詳しくは、FMVの付属マニュアルを確認するようにしましょう。

  • 「ピッ」・「ピッピ」という2連続で鳴る

PCIデバイス上のROMでエラーが発生しています。オプションのPCIカードを付けている場合は、正しく取り付けられているか確認をしましょう。

  • 「ピッ・ピッ・ピッ・ピッ」や「ピッ・ピッピッ・ピッ・ピッ」など4連続で音が鳴る

メモリでエラーが発生しています。メモリを一旦取り外し、もう一度差し込み直しましょう。


上記の問題に対して対処してもなお、ビープ音が発生する場合は「富士通ハードウェア修理相談センター」に相談しましょう。

セーフモードでシステムを復元する

FUJITSU(富士通)のパソコンにおいて、ブルースクリーンが表示される場合は、システム上のエラーの可能性が考えられます。この場合、システム上のエラーを修復するために、「セーフモード」という機能が有効です。

セーフモードとは、不具合や起動時のトラブルなど、PCに問題が生じた時のための診断用の起動モードです。この状態で起動できる場合、PCのソフトで何らかのエラーが生じていることが考えられます。

また、セーフモード上で「システムの復元」を実行することで、システム上のエラーを解消できる場合があります。

「システムの復元」とは、パソコンのシステムを以前保存した復元ポイントにまで戻す仕組みです。なお、これはシステムの変更がWindows10の起動を妨げているときに有効となる手段で、残されたファイルやデータなどは消失するわけではありません。

「セーフモード」は以下の手順で起動します。

1.自動修復失敗後の「自動修復でPCを修復できませんでした」の画面で「詳細オプション」をクリック

2.「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「その他の修復オプションを表示」→「スタートアップ設定」→再起動

3.「スタートアップ設定」→「4)セーフモードを有効にする」または「5)セーフモードとネットワークを有効にする」を選択する

以上の作業により、セーフモードで開くことができます。

「システムの復元」の実行手段

セーフモードで開けたら、次は「システム復元」を行いましょう。

「システムの復元」とは、パソコンのシステムや設定を、以前保存した復元ポイントにまで戻す仕組みで、不用意なシステムの変更がOSの起動を妨げているときに有効な手段です。なお、機器に残されたままのファイルやデータは変更されたり、消失したりするわけではありませんので、ご安心ください。

「コントロールパネル」から「システムとセキュリティ」をクリックします。

「セキュリティとメンテナンス」を選択し、「回復」をクリックします。

「システムの復元を開く」をクリックします。

「別の復元ポイントを選択する」を選択します。

復元したい日時の復元ポイントをクリックして選択します。

セーフモードで起動できない場合

セーフモードで起動できない場合は、ハードウェアやWindowsのファイルシステムなどに深刻なトラブルが起きている可能性が考えられ、データ救出も難しい傾向にあります。

もし、後者の状況で起動・再起動を繰り返したり、やみくもに復旧作業を進めたりすると障害が悪化し、作業過程でデータを失ってしまう恐れもあります。

大切なデータを失いたくない場合は、まず通電を避けて保管し、障害のあるハードディスク/SSDなどの記憶媒体から正確にデータを取り出せる「データ復旧の専門業者」に相談・復旧依頼を行うことを推奨します。

BIOS設定を見直す・初期化する

BIOSとは、Basic Input Output Systemの略で、パソコンのデバイスを起動・制御するプログラムのことです。

BIOSは、パソコンに搭載されているプログラムの中でも、動作の根幹を担うプログラムです。パソコンは、起動する際、OSを立ち上げる前にまずBIOSを読み込むことでデバイスの動作環境を整えます。もしBIOSの設定に異常があるとパソコンは正常に起動しなくなります。

BIOS設定画面は、電源を入れた後、ロゴ画面で「F2」キーで開くことができます。

しかし、BIOSが正常であってもOSを正常に呼び出せない場合は「oparating system not found」というエラーメッセージが表示されます。

これは、何らかの理由でBIOSがOSを呼び出せなくなっている状態であり、主に以下の原因が考えられます。

  • BIOS設定が正しくない(OSの起動が優先されていない)
  • OSが格納されている内蔵ストレージ(HDD/SSD)の障害
  • PCを動作させるシステムファイルの破損
  • 起動プログラム(MBR)が破損している

もし内部のハードウェアに障害が発生していた場合、再起動を繰り返すと状態が悪化する可能性があります。BIOS設定の初期化は、故障原因を把握してから行うようにしましょう。

診断プログラムを使用する

OSが起動しない際、BIOSの起動メニューから診断プログラムを選択し、PCのハードウェア障害箇所を診断することができます。ハードウェア診断テストには、簡易診断、または富士通ハードウェア診断の2つがあります。診断から得られるエラーコードから、障害の原因を特定し、対処することができます。

【簡易診断のやり方】

  1. 起動後「FUJITSU」というロゴが表示されるので、その間は【F12】キーを押し続けます
  2. 起動メニューから「診断プログラム」または「Diagnostic Program」を選択します。
  3. 診断プログラムを実行しますか?」または「Do you want to run Diagnostic Program?」と表示されたら【Y】キーを押します。
  4.  再起動後、診断結果が画面上に表示されます。

簡易診断でトラブルが検出されなかった場合、「富士通ハードウェア診断ツール」が起動します。診断を続ける場合は診断するを選択して進みましょう。

自力で対応できない場合は専門業者に相談する

これまでに紹介した方法で解決しなかった場合、自力での作業は諦め、以下のような専門業者に相談してください。

ここで、注意していただきたいのが、専門業者によってその目的が違うことです。誤った専門業者に相談してしまうと、データを二度と取り出せなくなるので、注意してください。

修理業者に相談する

PC内に保存されているデータよりも、使用しているパソコンの「動作」を復旧したい場合、パソコンのメーカーや修理専門業者に相談することをおすすめします。ストレージ(HDD/SSD)の交換を行うことで、PCを正常に動作させることができます。パソコンの保証期間や費用面を調べ、安心できる修理専門業者を選びましょう。

ただし、修理は、あくまで「パソコンを使えるようにする」ことが目的なので、「データ」を保存している内部データは全て初期化されてしまいます。もし大切なデータがPCに保存されている場合は、データ復旧業者に相談しましょう。

データ復旧業者に相談する

PC内のHDDに保存されているデータが必要な場合、専門のデータ復旧業者へ相談することをおすすめします

ただし、データ復旧業者は国内に100社以上もあり、それぞれ技術力に大きい差があるため、業者を選定するにあたっては注意が必要です。

また、物理障害が起きている機器からデータを復旧する場合、手術室と同等の防塵施設(クリーンルーム)での作業が必要です。異音が発生しているHDDには基本的に「物理障害」が起きているため「論理障害」(データ自体の障害)しか対応していないデータ復旧業者では一切対応することができません。

業者を選ぶ際は「専門設備」や「対応実績」などを事前に確認し、障害機器にあった適切な業者を選ぶようにしましょう。

おすすめの専門業者

技術力が高い業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。
そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 パソコン(Mac/Windows)、RAID機器(NAS/サーバー)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

今回の記事では、富士通のPCが起動しない時の症状や対処法を紹介しました。

富士通のPCが故障する原因は複数あり、内部ストレージ(HDD/SSD)が物理的に破損している場合は、個人で復旧・修復作業をおこなうと完全に破損する恐れがあります。原因が明確でなく、データ復旧を希望される場合は、データ復旧の専門業者に相談することをおすすめします。

SNSでもご購読できます。