サイバーセキュリティ実践講座HOME
ハッキング技術入門コンピュータフォレンジック入門

この度、サイバーセルとサイバーセキュリティ.com(株式会社シーズクリエイト)の共同で、サイバーセキュリティのための実践講座を開催させていただくことになりましたのでご案内申し上げます。

この講座は、組織内でサイバー攻撃対応をご担当の方をはじめ、情報セキュリティ技術を身につけておきたいというネットワーク管理者やサーバ管理者の方、さらに、ホワイトハッカーを目指している学生の皆様のご要望にお応えするもので、関連スキルを比較的短期間で体系的に習得していただくことができます。初回は、ハッキングとデジタルフォレンジックの2つの入門講座を開催いたします。奮ってご参加ください。

講座に参加するとこんなことができるようになります。

パソコンへの不正侵入/フォレンジックに関わる
ツールが操作できるようになります。

こんな方におすすめ

  • 企業などのセキュリティ担当者,ハッキング技術を学びたい方
  • セキュリティ関係の仕事に就きたいので、実践的スキルを習得したいという方
  • セキュリティテスト(ペネトレーションテスト)を実施したいが、具体的な進め方がわからないという方
  • CSIRT(Computer Security Incident Response Team)のメンバーになったので、必要なスキルを理解したいという方

受講における必要条件

  • Windows,Linuxのコマンド入力が可能な方
  • インターネット,パソコンの基礎知識が必要

受講条件

コンピュータやインターネットの基礎知識を有すること

Windows及びLinuxのコマンドラインインタフェース(CUI)で操作可能であることが望ましい。

コンピュータ操作やツールマニュアルの理解に必要な英語力(高校英語程度)があると、本コースの理解度がより高まります。

演習環境について

演習環境を主催者側で用意いたします。

Windows(Windows7推奨)、KaliLinux(RollingEdition推奨)各一台を所有するLAN環境になります。

講師紹介

サイバーセル代表・情報セュリティ大学院大学名誉教授 佐藤直

大学卒業後、通信会社研究所勤務を経て情報セキュリティ大学院大学に奉職。大学ではインターネット技術や企業ネットワークの設計・運用管理の講義の他、サイバー攻撃・マルウェア解析等の演習を担当。2017年に大学を退職。これまで民間企業、警察機関、教育機関を対象にしたサイバーセキュリティ演習およびCTF(Capture The Flag)を多数実施。現在オンライン講座およびコンサルタント活動を通じてサイバーセキュリティを普及啓発に努めている。サイバーセル(個人事業)代表、情報セュリティ大学名誉教授・客員教授。日本大学客員講師。中央大学研究開発機構客員研究員。博士(工学)。

コース紹介

ハッキング技術入門(不正侵入編)

ハッキングの基本である情報システムへの侵入とその防御ができるようになります.関連するツールの操作法が習得できます。

コンピュータフォレンジック入門(Windows解析編)

WindowsPCのハッキングおよび情報漏えいインシデントのデジタルフォレンジック(証拠分析)ができるようになります.関連するツールの操作法が習得できます。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?